大葉の教訓

人生がちょっとだけ変わる。そう感じた僕の経験や、見聞きしたことをシェアしていくブログです

自己紹介とこのブログを始めたきっかけを話します!

f:id:perilla008:20210712141332j:plain

僕の簡単な自己紹介

僕は演劇を創る劇団「とぶクルマ」の劇団員の大葉よし博です

自分で企画から脚本・演出・出演となんでも必要なことをやっています

ありがたいことに観客動員数は伸びていくものの、劇団員はみんな役者をやめて立派な社会人になってしまいます

寂しいです

 

人は誰しも幸せになる努力をすれば必ず幸せになれると考えてる、売れてない30代の恥ずかしい男です

 

人並みの幸せは得られないと考えてます

その代わり、普通の人が得られない幸せを経験するんだと、何故か漠然と考えてます

 

究極の自己中で、この世は僕を中心に回っていると考えています

だからこそ、僕の人生の多くは上手くいかないんだと考えています

多くの苦難を乗り越えられれば、僕は意味分かんないほどの幸せがやってくると確信しています

 

世間的には狂ってると言われますが、僕から言えば世界が狂ってると思います

 

ざっくりいうと僕はそんな感じです

このブログを始めたきっかけ

このブログとは別に「とぶクルマの雑学ブログ」というものをやっています

名前のように、雑学を紹介するブログです

 

ですが、雑学を紹介することが誰かのためになるのかがわからなくなりました・・・

雑学で誰かの人生が変わることがあるのか疑問だし、しっかりとソースを明確にして自身を持って紹介しても、見る人は嘘でもインパクトのある情報を面白がって信じます

 

「このまま続けても誰も喜ばないし、誰かの人生に影響を与えることは出来ない」

 

そんなとき、舞台公演で考えていた「自分にしか創れないもの」を考えました

そして自分しか生み出せないものを考えた時、「自分の感性・経験」は誰も提供ができないものだと思いました

 

そういったことを自分なりに伝えられれば、たとえ多くの人の人生に影響は与えられないけれども誰かの人生には良い影響を与えられるはず!

そう考えました

 

何をするにも「意義」を見いだせないと続けられない三日坊主なんです

人生で大切なこと

子供の頃は体が小さくて弱虫で、普通の人が経験してることや持っているものをほとんど持っていない貧弱野郎でした

身長も体力も知能も度胸も、お金やセンスも劣っていました

劣等感の塊です

 

人並みの人生を送って幸せに過ごしているように振る舞うために嘘に嘘を重ねました

そうして自分は”普通”を追い求めて、身も心もボロボロになっていきました

 

漠然と「死ぬまで生きる」という人生を送っていた時、積み重ねていた嘘が大きく発展してしまいました

多額の借金の催促、不登校の発覚、バイト先で多くの嘘が露見・・・

今まで付き合っていた友達たちはみんな去っていき、今でも連絡は取れません

 

そんなときに演劇を始めるきっかけを得ることが出来ました

 

どんな人生もすべて演劇を通せば「経験」として認められる

今まで行ってきた悪いことや他人を傷つけてきたことも、恥ずかしいことも惨めなこともすべて肯定される世界です

 

マイナスしかない僕には最高の世界でした

 

演劇を経験してことで、恥ずかしくて弱くて惨めな自分と対面する勇気が出ました

そしてそれらを活かす機会も得ました

 

演劇を学んでいくうち、キャラクターを形作るものは過去の経験によるものだとわかりました

 

人は些細なきっかけで人生を変えることが出来ます

良いことや悪いことも、それらの経験から幸せになるために必要なことかもしれません

それがわかるのは「未来の自分」だけです

 

太っていることで辛く苦しい思いをした人は必死でダイエットを行います

怪我や病気で当たり前のことが出来なかったとき、普段できることの有り難みを知ります

大切な何かを失ったことがあれば、2度失うことはしないように心がけます

 

人生を変えることも変えないことも、自分次第です

そのためには、経験が最も大切だと思います

このブログで描かれること

このブログでは、皆さんの役に立つそうなことをご紹介します

 

僕自身が経験したエピソードや見聞きして印象に残った出来事、そして人生を少しだけ便利で価値観を変えてくれるモノを、僕自身の感じた正直な気持ちを交えながらご紹介します

 

みなさんの人生に少しだけ変化が与えられるよう、がんばりますのでよろしくおねがいします