大葉の教訓

人生がちょっとだけ変わる。そう感じた僕の経験や、見聞きしたことをシェアしていくブログです

【一人暮らしの人必見】家事嫌いこそやれ!家事を減らす重要性!【大葉の価値観】

f:id:perilla008:20210808103851j:plain

多くの人は、仕事や通勤、外食などのたくさんの外で時間を費やします

もちろん、帰りは遅くなることも多いでしょう

そうなると、家に帰ってから掃除や洗濯といった家事が面倒くさくなります

 

家事なんてやりたくないなぁ〜

お金があったら家政婦雇うのになぁ〜

 

僕はそう思うことが何度もありました

 

ですが、これらは家電などの便利なものを利用したり工夫するだけであっという間に無くなります

僕の場合、自分の力よりも優秀だと思い知らされました

 

今回はそんな家事の減らし方・考え方を、僕の経験を踏まえてご説明します

今までの家事の在り方

f:id:perilla008:20210808104058j:plain

現在は令和という元号ですが、平成まではある一定の価値観がずっと存在していました

 

お父さんは外に出稼ぎに、お母さんは家で家事全般を行う」というものです

時代錯誤だし、今ではどちらもしたくないという主張が多いです

 

当時科学技術といってもポケベル・PHSが最先端の時代です

家事を減らすためには、家政婦を雇うか結婚して奥さんにお願いするか2択だった時代です

 

 

そしてテンプレートのように「幸せとはこういうことだ!」と決めつけ、それを自分も他の人も求めていました

そして「楽をしたら悪!汗水たらして苦労すれば、それは素晴らしいこと!」という漠然とした価値観もありました

便利な道具に頼るお母さんは「無能」というレッテルが貼られるも少なくありません

 

時代が進み、専業主夫という言葉も生まれて、テレビドラマによって一気に知名度を上げました

それから「男は稼いで女は家事をする」というものが逆転するということも起こりました

 

こうして、昭和時代から築かれてきた決まった考えは、少しずつ変化していきます

これからの家事の在り方

時代は移り変わっていきます

お父さんもお母さんも共に働き、家事を分担して行うということが多くなりました

家事の分担ということでぶつかる人もいるみたいです

 

やがて未婚率や離婚率の上昇により、夫婦よりも独り身の人目立つようになりました

今までは夫婦で行ってきた「稼ぐ・家事を行う」を、今度は一人で行わなければなりません

 

掃除一つをとっても、2人2部屋を掃除するなら1人1部屋を掃除すれば良いことになります

ですが、それが1人暮らしになると1人だけで2部屋を掃除することになります

これは単純に家事の量が2倍になっています 

 

今までの価値観が崩れ、新しい時代になったのは誰が見てもわかることでしょう

家事を減らすことは難しくない

ここで起こるのは「家事に時間を割きたくない」ということです 

ただでさえ身体も心も忙しいです

そんな状態で家事行わなければなりません

部屋の掃除もご飯を作ることも洗濯も、出来れば何もやりたくないでしょう

でも、生きていく上で必要なことは誰でもわかります

 

では、どうすればいいでしょうか?

 

答えは簡単です

 

家事を減らす

 

これだけです

 

そのためには、工夫と現代文明の利器を利用すればいいだけです

例えば、「食器を洗うことは食洗機に任せる」とか「食事は一度にたくさん作って料理する回数を減らす」といった具合です

 

誰もが考えそうなことが、まさに正解なんです

 

今の時代、商品のレビューや悩みの解決法はブログ・You Tubeで簡単に無料で見れる時代ですから、それらを参考に購入出来ます

掃除機ロボットAmazonでは1万円台から購入することも出来ます

 

一度使用してみると、「自分が何に不満で何が蛇足で何を求めているのか?」ということがわかります

むしろ試しに使ってみないことには、何もわからないです

 

新しいことや物を試すのに、大金を払う必要はありません

試しに1万円程度のお金を使って、満足できればそれで良いんです

 

僕もそうですが、なかなか買うことが出来ない人というのは、レビューを信用していないからだと思います

そうなると、実際に自分が使用しなければ、良し悪しに納得がいかないと思います

 

ここで大事なのは、「自分自身が納得できるか?」です

家事の減らし方のヒントと答え

f:id:perilla008:20210808104248j:plain

さて、ここからが本題です

僕自身の家事の減らし方最適解があります

それは、「最新グッズに合わせて生活する」ことです

 

コレができればすごく楽に生活が出来ます

 

便利な家電というものはたくさんあっても、試したことがない人はたくさんの不安がつきまといます

人生を勢い良く生きている人はそんなことが無さそうですが、僕はくよくよするタイプの性格です

なので、レビューを見ても「自分の生活に合ってるのか?レビューに無いことで面倒くさくないのか?」といつも考えてしまいます

そりゃぁ当然、無料ではないわけですからね

でも、冷静に考えれば、そんなことは使わない限りは分からないわけです

 

よくよく考えれば、今まで失敗しない挑戦なんてほとんどなかった僕ですから、一発目に完璧に商品を選ぶことは出来ないわけです

なにせ、使ったこともない未経験者ですからね

 

ということで結局のところ、満足出来る便利グッズを買うには試してみるしか無いわけです

 

僕の場合、掃除機ロボット1万円程度で買いました

結果として、毎日20分のクイックルワイパーの掃除時間が短縮されて、自分よりもきれいに掃除してくれるようになりました

しかも全自動1日に2回もしてくれる最強仕様です

他にも便利になった点は、別の機会にお話します

 

楽ちんになった変わりに変化したこともあります

それは、物を床に置かなくなったことです

ゴミ箱は捨てて、椅子とテーブルは押入れにしまうようになりました

 

床に設置してるものは、ベッドとデスクとタンス2つと冷蔵庫の5つだけです

おかげで、お掃除ロボットが掃除するときに物をどかしたりはしてません

すごく楽ちんになりました

 

道具というものは、人が使うものです

工夫すれば、楽にもなるし面倒くさくもなります

 

車と一緒です

大型の車はたくさんの人を運べますが、小道を走るには不便です

バイクは小回りは聞きますが、雨風が強いときは危険で怖いです

家事を減らして生活を豊かにしよう! 

f:id:perilla008:20210808104423j:plain

家事を減らすことは悪ではありません

通勤に電車を使って怒られる人はいないと思います

それと同じで、便利で楽になれば人は少し幸福になれます

人によってはかなり快適になると思います

 

いきなり高価なものを買う必要はありません

最初から満足出来る買い物は難しいですから、「試しに買ってみる」というスタンスで買ってみましょう

それに見合う金額は、自分が「失敗してもいい経験になった!」と思える金額にすると良いです

成功なら自分にとってメリットですし、失敗ならもう買おうかどうかで悩む必要がなくなりますからね

まとめ

要点をまとめると、こんな感じです

  • 楽をすることは悪いことじゃない
  • 家事を減らせば、生活が変わる
  • 楽をする道具や工夫はいくらでも溢れてる
  • 試しに挑戦してみないと満足できるかわからない
  • 試すときは、失敗しても納得できる金額にする

機会があれば、家事の具体的な減らし方などもご紹介しよう